ワキガ 気づきにくい

ワキガは自分で気づきにくい!?

よく、「ワキガの人は自分では分からない」ということを聞きます。

 

 

確かに街を歩いていて、突然フワッとワキガのきっつい臭いがしてその人を見ると、
とても平然と歩いているのをよく見かけますよね。
「あの人、あんなに臭いのに自分で気づかないのかな!?」
なんてよく思ったものです(^_^;)

 

 

でもね、自分のワキガに気づきにくいというのには、
人間の嗅覚に原因がありました。

 

 

人間は鼻の粘膜に、空気中に浮遊している臭いの成分が付着して、
それをニオイとして認知するそうです。

 

 

その粘膜のセンサーというのが、人間のものは割と小さいらしく、
突然ツンとくる臭いには反応できても、
持続して嗅いでいるうちにどんどんその臭いに対して
感覚が鈍くなって、臭いとして感じにくくなってしまうそうです。

 

 

ということは、ワキガの人は常に自分の周りの空気に
自分のワキガの臭いの成分が浮遊しているんですね。

 

 

なので、その空気がずーっと鼻の粘膜に付着しているので、
自分のワキガの臭いを感じる感覚が鈍っていると考えられます。

 

 

周りの人間にとっては、「突然くる臭い」なので、
ひどい悪臭として臭いを感じるんですね。

 

子供のワキガで悩むお母さんは試してほしい!
私と娘のワキガ体験談